コンセプト住宅「WorMa」working mother

{共働き世帯の「ワーキングマザー」が楽しく元気なる家。}

働く女性が増えても、女性の家事・育児分担はなかなか減りません。共働き女性が家事、育児、買い物などにかける時間は1日約5時間。夫は46分程度です。時代ともに男性が家事、育児に協力する時代になってきましたが、それでも女性の負担は大きいです。

また、日々時間に追われストレスを感じていることもあり、子どもと接する時間も少なく、子育てにもマイナスです。夫に洗い物、洗濯など家事を手伝ってもらいたいけど協力してくれない、また協力はしてくれるけど、やり方が雑だったり、収納の場所が違ったり、結局何かとストレスを感じてしまいます。

だったら、夫には子どもと一緒に遊んでもらうだけにしてもらって、女性が徹底して家事をできる家づくりが必要と考えました。そうする事によって役割分担が明確になり、夫も妻のストレスを感じることなくなり、妻ものびのび家事をできるようになります。

こんな時代だからこそ、「ワーキングマザー」のための家、時短、効率を考えた、負担を減らすための住まい、そして何より日々の生活がより楽しく、家族みんなが、楽しく元気がでる住まいが必要です。